レルヒさんって?
レルヒさん
[名前]
レルヒさん

[年齢]
1??歳(非公表)

[身長・体重・スリーサイズ]
状況により変動(270cmの黄色いおっさん)

[略歴]
プレスブルグ(現在のスロバキア首都)生まれ
日本の国力の調査研究のためにという名目で来日したが、なぜかウインターレジャーの活性化のために一肌脱ぐことに(おだてられてついつい引き受けてしまった、という話も)。
全国のゆるキャラがエントリーし、人気投票で争った「ゆるキャラグランプリ2011」では、360体のキャラクターがひしめく中、なんと10位という成績を収めた。

[性格]
・滑ること、面白いこと、新しいことが好き
・常に何かを企んでいるが、基本的にお人よし
・やや照れ屋だが、おだてられると調子に乗り、やんちゃな一面も見せる。(スキーは体の一部らしく、人をつつきたがる)
・女性には弱いが嫌いではない。妙に紳士な態度で接しようとする。
・子ども好き
・教えたがりでおせっかい
・スキーは上手だがやや本番に弱いという噂も・・・

[好きなもの]
・レルヒさんカレー(基本的に自分がネタになっているものは好き)
・けんしん焼き
・笹団子
・ワイン(あまり強くはない)
・ウインナコーヒー
・温泉

[嫌いなもの]
・水泳(泳げない)
・犬(怖い)
・高いところ(リフトはちょっと怖い)

[レルヒ少佐と日本のスキーのはじまり]
869年(明治2年)、オーストリア・ハンガリー帝国(当時)のプレスブルグに生まれました。1910年(明治43年)に、訪日し、翌年高田町(現・上越市)の長岡外史師団長が率いる陸軍13師団に赴任しました。陸軍省を通じてレルヒがスキーの名手であることを知った長岡外史師団長は、1902年(明治35年)に多くの犠牲者が出た八甲田山雪中行軍の教訓もあり、レルヒにスキーの指導を積極的に働きかけました。その結果、1911年 (明治44年)1月12日、「mettez les skis!(スキーを履きなさい)」とのかけ声とともに、日本で初めての組織的なスキー指導が行われました。これが、日本のスキーの始まりです。わずか1ヵ月後には、日本最初のスキークラブ『高田スキー倶楽部」が発足し、全国の雪深い地域へスキーが伝わっていきました。

レルヒ少佐
レルヒ少佐


元祖スキー天国新潟へ元祖スキー天国新潟トップへ
新潟スノーファンクラブトップページ
●プライバシーポリシー
●サイトマップ

Copyright
新潟スノーファンクラブ運営委員会
All Rights Reserved.